アントワープ vs トッテナム・ホットスパー マッチプレビュー

サッカー記事

Welcome to the preview show !!

プレビューショーへようこそ。今回はヨーロッパリーググループステージ第2戦、アントワープホームのトッテナム・ホットスパーの一戦をプレビューしよう。

アントワープは、8月末に敗れて以降、9月10月と負けがなく7戦無敗。そして連勝記録も5試合。また負けて以降の試合では、常に2得点を奪い勝利をおさめるなどの、攻撃力の高さもみせている。前回のヨーロッパリーグ開幕戦では、ルドゴレツ相手に先制されたものの、後半に2点を奪い逆転で勝利をおさめている。この試合では日本人の三好が右サイドでフル出場を果たしている。他にめぼしい選手は、ラツィオから期限付き移籍でジョルダン・ルカクが加わっているあたりか。

対するトッテナム・ホットスパーは、10試合の無敗記録継続中で、現在2連勝中。プレミアリーグ開幕戦以来負けなし。またヨーロッパリーグ開幕戦ではLASK相手に3-0で勝利し今シーズン初のクリーンシート達成。続くバーンリーとのリーグ戦でも、得点こそ1で苦戦を強いられたもののクリーンシートで終え2試合連続のクリーンシート継続中。また、この2試合でもゴールを決めたソン・フンミンは4試合連続ゴール中で5得点を記録している。またストライカーのハリー・ケインは、出場した4試合連続アシストを継続中。このソン・フンミンとハリー・ケインのコンビは世界屈指の得点力を誇り、ソン・フンミンの8得点中7得点はケインのアシストによるもので、この試合でも得点が期待される。しかし下記にも書かせていただくが、この試合にはおそらく温存で出場しないのではないだろうか。

この試合の予想フォーメーション(スパーズのみ)は・・・

スパーズは引き続きタンガンガが負傷離脱中。GKはヨーロッパリーグではハートが守っているためスタメン予想。ガッサニーガは登録外。CBの左は、今後のオプションを試していくのではないかと思い、前回のELと同じコンビを選択。新戦力のジョー・ロドンは登録外。中盤はホイヴィアを休ませて、ウィンクスとロチェルソでゲームを支配していくのではないだろうか。ジェドソンは登録外。前線はリーグ戦で出番のなかったヴィニシウス、そしてベイルが入るのではないだろうか。ルーカスはヴィニシウスとのコミュニケーションの問題などを解決する役割も担うのではないかと考えスタメン予想。また、モウリーニョ監督はベルフワインとドハティについては、問題があると語っているため、大事を取って休養を与えるのではないか。とはいえ、主力を温存してもこのスカッドを維持できるようになったのはチームとして大きな成長といえるだろう。

キックオフ時間は日本時間10/30の2:55。アントワープホームで行われる。唯一の心配は、ベルギー国内で新型コロナウイルスの感染が急速に拡大しているとのことで、スパーズの選手とアントワープの選手に陽性反応が出ないことを祈るばかりだ。ちなみに「正式な」配信はUEFA.tvでもDAZNでも日本国内ではない予定だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました