トッテナム・ホットスパー vs エヴァートン マッチプレビュー

サッカー記事

Welcome to the preview show!!

プレビューショーへようこそ。今回はいよいよ開幕するプレミアリーグから、トッテナム・ホットスパーとエヴァートンの試合をみていこう。

トッテナム・ホットスパーはここまで中盤のホイヴィア、右サイドバックのドハティーを獲得。放出はCBのヴェルトンゲンとGKのフォルム、サイドバックのウォーカー=ピーターズ。ここでは長くなってしまうため、スパーズの移籍方針についてはまた別の機会に話そう。

プレシーズンマッチでは、いずれも国内のチームと戦い3勝1敗。下部リーグのチームだったものの、そのうち1敗は昨シーズンまでプレミアリーグだったワトフォードと1-2であったため、いささか不安は残る。開幕戦のスカッド次第で、今後の選手選考がみえてくるだろう。

対するエヴァートンは、この夏も大型補強を行った。レアル・マドリーからハメス・ロドリゲス、ワトフォードからドゥクレ、ナポリからアランを獲得。放出に目立った動きはないが、チームの最古参レイトン・べインズは現役引退。前線は満足いく選手がそろっているが、ディフェンス陣営の選手層の薄さが気になるところ。

プレシーズンマッチでは2試合。いずれも得点のみ知りえることができ、内容に関しては調査できなかった。カルロ・アンチェロッティ監督がこの選手たちをどのようにして導いていくのか注目したい。

さて、両チームの予想スタメンは・・・

トッテナム・ホットスパー

FW ソン ケイン ルーカス

MF ロチェルソ ホイヴィア デレ・アリ

DF デイビス ダイアー アルデルヴァイレルト ドハティー

GK ロリス

エヴァートン

FW リシャリソン カルヴァート=ルーウィン ウォルコット

MF ゴメス ドゥクレ(アラン) デイビス

DF ディニュ ホルゲート キーン コールマン

GK ピックフォード

トッテナム・ホットスパーは、4-3-3もしくはデレ・アリがトップ下の4-2-3-1のフォーメーションが予想される。去就が注目されるエンドンベレは、ワトフォード戦で45分の出場があったが、ネガティブトランジッションの遅さなどが目立ち、プレミアリーグで戦えるレベルではないかもしれない。この試合はおそらくベンチ外だろう。一方エヴァートンは、新加入選手のアランもしくはドゥクレはスタメンに名を連ねるだろうが、ハメスはベンチと予想。理由はまだ加入したばかりでフィットしていないと思われるからだ。しかしながら、エヴァートンの中盤の守備の緩さはいささか気になるため、プレミアリーグを経験しているドゥクレは中盤の底で起用してくるだろう。

両チームの過去直近5試合の対戦成績は、スパーズからみて3勝2分。得点数がスパーズ14でエヴァートン5とかなり点数の入る試合となっている。日本時間9/14の0:30。レフェリーはマーティン・アトキンソンが主審。

コメント

タイトルとURLをコピーしました