プロフディフ vs トッテナム・ホットスパー マッチプレビュー

サッカー記事

Welcome to the preview show!!

プレビューショーへようこそ。今回はUEFAヨーロッパリーグ予選第2ラウンドよりブルガリアのプロフディフとトッテナム・ホットスパーの一戦をプレビューしよう。

日本時間9/18日の1時からスタディオン・ロコモティフで行われる一戦。ロコモティフという名称だがロシアではなくブルガリアのプロフディフにあるスタジアムだ。ロンドンから約2500km離れた地にスパーズは向かうことになる。

この試合に向けて、エースストライカーのハリー・ケインはチームの遠征組に帯同し、プレーすることになるだろうとモウリーニョ監督は語った。さらに8人はロンドンに残すことになるとも。負傷者はタンガンガのみ。ロチェルソは復帰し出場の可能性がある。エンドンベレは負傷からのフィットネス向上のために帯同しないと会見で話した。デレ・アリに関しては、モウリーニョ監督が話したわけではないが、戦術的理由か温存なのかは定かではないが、帯同しないとの情報あり。9/20の日本時間20時に行われる予定のサウサンプトン戦が近いなど超過密日程で挑んでくるスパーズは、主力メンバーの温存を図るだろう。ケインは帯同したもののおそらくベンチスタートとなるはずだ。代わりにチャンスをもらえる選手もいるはずだ。

対するプロフディフは、週末に行われたブルガリアリーグ首位を走るルドゴレツと対戦し3-1で敗戦。現時点でリーグ6位に位置している。詳細は試合を確認できていないため不明だが、ストライカーと思われるカラガレンという9番の選手は、6試合終えたリーグ戦においてチーム全体で7得点のうち3得点を記録している。また、昨シーズンはELの予選3回戦でストラスブールと対戦したが0-1で敗戦。ヨーロッパの舞台への意気込みは十分だろうが、相手がスパーズなだけに全力で挑むことが見込まれる。

トッテナム・ホットスパーの予想フォーメーションは・・・

FW スカーレット(ルーカス、ソン)

MF セセニョン ロチェルソ ラメラ

     ウィンクス シソコ

DF サーキン サンチェス フォイス オーリエ

GK ハート

この試合では、おそらくスパーズがボールを保持してプロフディフが後ろに引きブロックを形成する試合になることが予想される。そのため、スパーズの課題である引いた相手に対していかに攻めることができるのか。もしプロフディフが先制するようなことがあればスパーズの敗戦の可能性もある。どのように攻め入るのか注目したい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました