レイトン・オリエント vs トッテナム・ホットスパー マッチプレビュー

サッカー記事

Welcome to the preview show !!

プレビューショーへようこそ。今回はレイトン・オリエントとトッテナム・ホットスパーの一戦をプレビューしよう。といいたいところだが、レイトン・オリエントに所属しているチームに新型コロナウイルスの陽性者が出たとの情報あり。またこの検査はスパーズが費用を出してレイトン・オリエントの選手の検査を行った。この事態によって、スパーズの不戦勝になるのか、中止で別日の日程で行うのかなど憶測が飛び交っているものの、未だに公式発表はなし。サッカー協会が選手を守ることなく、観客を入れるか入れないかについて悩んでいることにいささかの疑念を感じるが。

さて、気を取り直してチームを見ていこう。フットボールリーグ2、いわゆる4部リーグに属しているレイトン・オリエントは、公式戦ここ5試合負けがなく4勝1分。9/16に行われたリーグカップでは、3部のプリマス・アーガイル相手に3-2で勝利。この試合ではポゼッションが35%-65%とボールを保持される展開が続いたが、総シュート数は21-26と打ち合いを展開。この数字から察するに、後ろで守ってブロックを形成し、カウンター主体のサッカーを行ってくると予測。得点シーンもセットプレーのこぼれ球から1点。DFのロングボールからの得点が2点だった。裏の抜けだしとセットプレーに弱いスパーズにとってはいささか嫌な相手になりそうだ。ちなみに、レイトン・オリエントは、1か月前にスパーズU-23と対戦し6-2で勝利をおさめている。

対するトッテナム・ホットスパーは、9/20の試合から中1日での試合と過密日程。前節はサウサンプトン相手に5-2で勝利したもの、決して褒められるべき内容の試合ではなかった。この試合でモウリーニョ監督は試合前インタビューで選手起用について語っていた。レギロンはこの試合には間に合わないものの今週のどこかの試合では出場するだろう。オーリエ、ハート、シソコ、アルデルヴァイレルト、ラメラはプレーするだろうとのこと。ケインに関してはプレーしてほしいとのこと。そのケインにとってレイトン・オリエントは特別なクラブチームであり、最初のローン移籍先がこのクラブチームだった。そして今ではスポンサーになるほどのクラブチームとの対戦だけあって、出場には前向きだろう。ケガ人についての最新情報はないが、タンガンガはおそらくこの試合もベンチ外。エンドンベレはひざの具合が気になるところで、メンバー入りした場合は、スタメンではなくベンチスタートを予想。この過密日程の中、どのように選手選考を行うのか注目したい。

そんな中でのスパーズの予想フォーメーションは・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました