アーセナル vs トッテナム・ホットスパー マッチレポート 21-22シーズンプレミアリーグ第6節

サッカー記事

21-22プレミアリーグ第6節、アーセナルとトッテナム・ホットスパーのノースロンドンダービーは、3-1でアーセナルの勝利に終わった。

フォーメーション

アーセナルベンチ

レノ、ホールディング、ソアレス、↑87タバレス、↑87メイトランド=ナイルズ、↑81ロコンガ、ラカゼット、ペペ、マルティネッリ

トッテナムベンチ

ゴッリーニ、ロメロ、↑46エメルソン、ロドン、デイビス、↑69ブライアン・ヒル、ロチェルソ、↑46スキップ、スカーレット

スコアラー

アーセナル

12:スミス=ロウ(サカ)

27:オバメヤン(スミス=ロウ)

34:サカ

トッテナム・ホットスパー

79:ソン・フンミン(レギロン)

メンバー選考

両チームのメンバー選考を見ていこう。

アーセナル

アーセナルは予想通りスミスロウを左サイドに置き、ジャカとトーマスのダブルボランチで挑んだ。

私の予想はラカゼットであったが、この試合ではオバメヤンがスタメンに名を連ねた。

狙いとしては、左サイドを主戦場にしてウーデゴールとスミスロウで起点を作り、オバメヤンとサカを活かす狙いがあるように感じた。

また、トーマスとジャカでダブルボランチを形成することで、前節の前線と後ろの乖離を減らしていき攻撃を組み立てやすくする狙いがあるのではないか。

トッテナム・ホットスパー

スパーズはベルフワインとセセニョンが負傷欠場。

しかしルーカスが右サイドに復帰。タンガンガが出場停止が明けて右サイドバックに先発を飾った。

サンチェス以外は私の予想通りのスタメンになった。ロメロではなくサンチェスにしたのは、単純なターンオーバーとオバメヤンやラカゼットのスピードに対応するため、身体能力にたけたサンチェスを投入したのではないか。

中盤はホイヴィアがアンカーのエンドンベレとデレ・アリのインサイドハーフ。このシステムは攻撃の組み立てがしやすくパスが回せる相手の場合は有効ではあるが、果たして同等もしくはそれ以上のチームレベルの対戦相手の場合どうなるのか注目点だ。ちなみに私もこの中盤を予想した。

理由としては、攻撃時の組み立てが今シーズンは特に厳しくなっており、仮に4-3-3でスタートするのであれば、このメンバーでないと得点を入れることが厳しくなると予想したからだ。とはいえ、あくまでも予想であり私の希望ではないことを念頭に置いておいてほしい。

試合内容

試合はスタートはスパーズもボールを保持することがあったものの、徐々にアーセナルペースに。

すると12分にいきなりアーセナルが先制する。スパーズ陣内ペナルティエリア右でサカが縦にドリブルを仕掛けてクロス。これにファーからスミスロウが走り込みフリーでシュートを放ち先制。

その後もアーセナルのペースは続く。27分には追加点。オバメヤンが絶妙なワンタッチでフリックすると、全力でスミスロウがスプリントをかけてスパーズ陣内へ走り込む。そのままドリブルで縦へ走り中央のオバメヤンへ折り返すとこれを冷静に流し込みアーセナルが追加点をゲット。

34分にはケインがもたつきミスをしてロスとしたボールを奪いカウンターを仕掛ける。サカがスパーズ陣内ペナルティエリア右付近でドリブルを仕掛けると、これに全力で戻ってきたケインがスライディングで応戦。しかし見当もむなしくこぼれ球が運悪くサカの足元へと戻ってしまい、シュートを放たれてゴール。これで前半のうちに3-0とした。

後半は頭からバランスの悪かった中盤にデレ・アリを代えてスキップを、タンガンガを代えて攻撃力に定評のあるエメルソンを投入。

少しずつこれでスパーズも攻撃ができるように。61分にはケインがシュートを放つもラムズデールがセーブ。こぼれ球にはソンも詰めたものの、冨安の方がいち早く反応しクリア。

69分にはエンドンベレをいつもの時間に下げてブライアン・ヒルを入れてサイド攻撃の活性化を図ったスパーズ。積極的にオフザボールの動きや守備、ドリブルを仕掛けるブライアン・ヒルの姿に感化されたか、79分にブライアン・ヒルが一度は奪われたボールをなんとかレギロンへとパス。そのボールをレギロンが中央へ折り返し詰めたソン・フンミンがネットに流し込み3-1とした。

アディショナルタイムには、ルーカスのシュートが枠内に行くも、GKラムズデールが頭上のボールを見事には時期クロスバーへと逃れ、跳ね返ったボールを冨安がクリア。スパーズは猛攻もむなしく3-1で敗れ、3連勝後の3連敗、3試合連続の3失点となってしまった。

試合のポイント

この試合のポイントは、アーセナルがスパーズのCB陣に対して素早いプレッシングに迫っていたことが、スパーズが後ろからボールが繋げずに、攻撃を組み立てず前半非常に苦労した点だろう。

前半私が見ていてアーセナルが徹底してスパーズのCBダイアーとサンチェスにボールが入った時に、オバメヤンが縦へのコースを切りながら、ウーデゴールがCBに対して猛烈な勢いのチェイスをしていたのを見て、とても印象に残っている。

このプレッシングによって、まず縦へのコースを限定され通すのがリスキーになり、チェイスしてくるウーデゴールを避けるためにサイドバックにボールを逃がす。するとここでもアーセナルのサイドハーフの選手が縦へのコースを切りながら迫ってくるためCBへ戻す。そして逃げ場がなくなったCB達はGKに戻すか縦へのざっくばらんなロングフィードに逃げ、最終的にはアーセナルボールになり守備が始まった。

スパーズはこのプレッシングを確認したら、ホイヴィアだけが下がったポジションを取るのではなく、デレ・アリもしくはエンドンベレももう少し下がった位置でボールをもらいに来て起点を作る必要があったのではないだろうか。試合中に修正できなかったのか、あえてしなかったのかは定かではないが、私は少なからずこのプレッシングに対しては何かしらの策を講じるべきであったと感じた。

アーセナルとしては、昨シーズンのダイアーサンチェスの弱点ともいえるところを上手く突いたといっていいだろう。スカウティングや対策といった準備が素晴らしかったといえるのではないだろうか

明るい材料

この試合の明るい材料は、スキップの重要性とブライアン・ヒルの活躍ではないか。

まずスキップについてだが、この試合で求めていた中盤の安定を彼が投入されることでもたらされた。特にホイヴィアとスキップのダブルボランチは、守備面だけでなく攻撃面でも舵を取れていたように思う。以前まで私は前を向いてほしい場面で前を向けず、可もなく不可もないパスが多い印象だった。この試合も攻めたパスがあったかといえば正直印象にないのだが、今後この20歳の選手が縦へのパスをより供給できるようになることを期待したいと感じた。

ブライアン・ヒルについては、20分程度の短い時間ではあったが、オフザボールを何度も動きなおしたり、守備面ではスライディングでボールを奪うことを惜しまず、ドリブルセンスは相手の嫌がる間で仕掛けていた。彼が投入されてから4-4-2になったが、このダブルボランチでサイドにブライアン・ヒルがいるというのは、私には機能しているように感じた。

次節、どのような布陣になるのか。ロンドン勢に3試合で9失点わずか1ゴールの3連敗の戦術のままで次の試合に挑むとは考えにくい。私は後半に見せた4-4-2には、非常に可能性を感じたため、期待したいところだ。

次の試合

スパーズの次の対戦相手は、日本時間10月1日4時からECLホームで「ムラ」と対戦。続く日本時間10月3日22時からホームでアストン・ヴィラと対戦だ。

現在公式戦5試合勝利なしのスパーズ。リーグにおいては様々なスタッツが最下位を記録している不名誉な状態を挽回できるのか。これからも応援していこう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました