クリスタル・パレス vs トッテナム・ホットスパー プレビュー

Welcome to the preview show

プレビューショーへようこそ。今回はプレミアリーグ最終節クリスタル・パレスとトッテナム・ホットスパーの一戦をプレビューしよう。

トッテナム・ホットスパーは、退屈なサッカーと揶揄され多くの批判を受けているものの、リーグ戦再開以降は5勝2分1敗と好調を維持している。前節レスターに3-0でクリーンシート達成。ここ2試合で6得点と自慢の攻撃陣もいよいよ本格的に機能してきたか。そのうちケインは4得点だ。モウリーニョ監督は会見で、エンドンベレ以外は全員問題ないと話した。デレ・アリも負傷から全体練習に合流し、ダイアーは出場停止処分明けとなる。ただ、ケガ明けのフォイスとタンガンガは、ベンチに入っているものの、よほどのことがない限り出場はないだろう。

対するクリスタル・パレスは、リーグ戦再開初戦でボーンマスに勝利したものの、その後は7連敗。その7試合のうち得点はチェルシー戦の2得点のみ。失点は17と散々な結果となっている。ケガ人も多く、ケイヒル、ファンアーンホルトが負傷中。サコも負傷でミリヴォイェヴィッチもひざの負傷との情報。先日の試合ではクヤテを中盤から最終ラインに下げたほどだ。次の試合ではどのような布陣になるのか注目したい。

過去直近5試合の対戦成績は、トッテナムの4勝1敗。前回の対戦では、終始パレス陣内でスパーズがボールを回す展開が続いた。この試合ではサコが裏への対応が甘いなどがあり4-0でスパーズが勝利した。うちソンが2得点。しかしこの時の監督はマウリシオ・ポチェッティーノ。戦い方が少し変わって試合の展開がどうなるのか注目したい。

さて、両チームの予想フォーメーションは・・・

トッテナム・ホットスパー

FW      ソン ケイン モウラ

MF  ロチェルソ ウィンクス シソコ

DF デイビス ダイアー アルデルヴァイレルト オーリエ

GK         ロリス

クリスタル・パレス

FW         アイエウ ザハ

MF シュラップ マッカーサー マッカーシー タウンゼン

DF     ミッチェル クヤテ ダン ウォード

GK            グアイタ

スパーズは前回とほぼ同じ布陣で来ると予想。復帰のダイアーはサンチェスに変わり投入されることになるだろう。また、ロチェルソが連携面でうまく機能するようになってきたため、復帰初戦となるデレ・アリはベンチスタートが濃厚だろう。

一方のパレスは、苦肉の策が続く。ミッチェルという先日プレミアリーグ初スタメンを飾った選手を再び起用してくるだろう。タウンゼンにとっては古巣対決。トップに入ることが予想されるザハは、再び移籍志願を出すなどクラブ内でのごたごたもありモチベーションにどのように影響してくるだろうか。もしかすると、ベンテケが入りザハがベンチに座る可能性も考えられるだろう。

最終節は日本時間27日0時から全試合同時にキックオフだ。わたくしはパソコン、スマートフォン、テレビで確認したい試合は同時にみていきたいところだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました