グラウンドが荒らされたことに関して

日常生活

年末と年始の2度ほど岐阜県フットボールセンター(岐阜県笠松町)のグラウンド内に車が侵入した件ですが、補修作業のお手伝いを終えました。

事は12月に1度目の被害、そしておそらく直近で2度目の被害を受けたとのことです。

今回は砂を入れることで凸凹を治し、見栄えは良くないですがプレーに影響が出ないよう、出にくいように補修しました。

グラウンド1枚目が砂散布前で、2枚目以降は砂散布後の様子です。

縦に跡がありますが、これは砂を散布する機械が通った跡になります。この写真だと斜めや横に見えるタイヤ痕が問題の跡です。ここだけは他よりも深いダメージを負っていたため、手作業で砂を入れました。

とはいえ、残念ながら砂を入れるだけで夏芝がすぐに良くなるわけでなく、暖かくならなければ回復はしてくれません。まずはダメージの拡大を防ぐ形です。直近で利用されるご予定の方は、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

笠松町やサッカー協会の方々など関わる様々な方のご協力あってのグラウンドですので、今後同じような出来事が起こらないことを祈っています。また、さらなる情報提供の方は、笠松町までよろしくお願いいたします。

最後に、グラウンドの状態が気になるからと無断で芝生内に入ることは、車を乗り入れた人と同じですので、許可なく立ち入らないようにお願い致します。担当の者や自分も様子をうかがいに来ますので、よろしくお願いいたします(自分は私服かもしれませんが)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました