LASK vs トッテナム・ホットスパー マッチプレビュー

サッカー記事

Welcome to the preview show !!

プレビューショーへようこそ。今回はUEFAヨーロッパリーグより第5戦目、LASKとトッテナム・ホットスパーの一戦をプレビューしよう。

前節までのおさらい

トッテナム・ホットスパー

トッテナム・ホットスパーは、11/6に行われた直近のELルドゴレツ戦で3-1で勝利。

最後に敗れたのは10/30のELアントワープ戦で、それ以降は公式戦でブライトン戦から6戦負けなし。なおかつ先日行われたチェルシー戦まで4試合連続無失点とここにきて守備の硬さを見せ始めている。

無論、守備だけでなく、6試合12得点と攻撃陣も好調なだけに、この試合における複数得点に期待が集まる。

前回のLASKとの対戦では、ヴィニシウスの2アシストとオウンゴールの3-0で勝利をおさめている。

LASK

対するホームのラスクは、現在トッテナム・ホットスパーの勝ち点9を追いかける形で勝ち点6の3位に位置する。これに勝利すれば勝ち点9で並び、引き分けならスパーズ10、LASK7で最終節まで決勝ラウンド進出決定はつれ込む。

この試合で敗れた場合は、アントワープ次第ではあるが、決勝ラウンド進出はなくなる。

がけっぷちに立たされたLASKだが、国内リーグであるオーストリアリーグではザルツブルクを追いかける形で現在2位に位置するチームだ。リーグ戦では5試合無敗を継続中である。ただし、ELではアントワープに1度とスパーズに敗れている。

予想フォーメーション

さて、この試合の予想フォーメーションは・・・

トッテナム・ホットスパー

トッテナム・ホットスパーは、ラメラがふくらはぎの負傷で離脱中。アルデルヴァイレルトは先日のシティ戦で負傷したものの、トレーニングには復帰。ただし、この試合で起用することはないとモウリーニョ監督は試合前会見で話した。

トレーニング中に、レギロン、ヴィニシウス、そしてケインの3人が負傷したとの情報あり。これに関してモウリーニョ監督は会見で、この試合に出場するのかどうかについては明言しなかったが、週末の試合には復帰する可能性があることを示唆した。

そのため、これらのことを踏まえなおかつ週末のアーセナルとのノースロンドンダービーのことを考えると、このような予想フォーメーションになるのではないだろうか。モウリーニョ監督は会見で、アーセナル戦のことについて考えておらず、常に目の前の試合に集中していると話していたが、多少は考慮してくると思われる。ソン・フンミンはこの試合でもベンチスタート濃厚と私は思う。

ワントップにはヘディングもありスピードとパワーもあるベイルが入るのではないだろうか。となると両翼はこの2人が堅い選択だと思われるが、ロチェルソが右に入る可能性は大いにある。デレ・アリはELではスタメンが続いているためこの試合でもチャンスをもらえるだろう。CBも前回のELの引き続いてこの2人だろう。

LASK

対するLASKは、CBのフィリポビッチがリーグ戦で負傷。トラウナーが出場停止とレギュラーCB2人を欠く痛手。その代わりに、中盤の要となるホーランドが前節のサスペンションから復帰してこの試合ではスタメンに名を連ねるだろう。CB2人を欠くのはスパーズ相手に相当な痛手のはずで、下手をすると4点以上取られる可能性もある。

試合の詳細

試合は日本時間12/4の2:55。オーストリアのリンツで行われる一戦だ。トッテナム・ホットスパーとしては、リーグ戦などの過密日程などを考慮して、この試合で勝利したのち決勝ラウンド進出を決めたいところ。LASKとしてはこの試合で引き分け狙いで最終節に持ち込みたいところ。スパーズがボールを握る展開となりそうだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました