リーズ・ユナイテッド vs トッテナム・ホットスパー マッチレポート 20-21プレミアリーグ第35節

サッカー記事

20-21シーズンプレミアリーグ第35節、リーズ・ユナイテッドとトッテナム・ホットスパーの一戦は、3-1でホームのリーズ・ユナイテッドが勝利をおさめた。これによりスパーズはCL圏内が一層厳しい状況になった。

試合詳細

フォーメーション

リーズ・ユナイテッドベンチ

カシージャ、デイビス、ベラルディ、エルナンデス、ロドリゴ↑79、フィリップス↑89、シャクレトーン、ポヴェダ、ハフィーニャ↑58

トッテナム・ホットスパーベンチ

ハート、サンチェス、ドハティ、ウィンクス、シソコ、エンドンベレ↑80、ラメラ↑67、ベルフワイン、ルーカス↑67

スコアラー

リーズ・ユナイテッド

13:ダラス

42:バンフォード(アリオスキ)

84:ロドリゴ(ハフィーニャ)

トッテナム・ホットスパー

25:ソン・フンミン(デレ・アリ)

メンバー選考

両チームのメンバー選考を見ていこう。

リーズ・ユナイテッド

リーズはケガからフィリップスとハフィーニャが復帰しそれぞれベンチ入りを果たした。

この試合のスタメンは前節敗れたブライトン戦から変更はなし。出場停止が明けたクーパーは、この試合ではスタメンでもベンチ入りでもなくメンバー外だったのは意外だった。

基本的に前線からプレスに行くスタイルなため、後半に失速してくるところで要所に交代選手を投入して終盤でも守備にさぼらないようなチームだ。そのためチャンスと見たら両サイドバックは必ず攻撃参加し人数をかけて厚みのある攻撃参加ができるよう運動量が豊富な選手を選択。守備時にも両サイドハーフが戻って守備を行うなどこちらも運動量が豊富な選手をそろえた。

これによってスパーズが苦手なサイドからのクロスボールをより多く入れて得点を狙っていこうという算段に見えた。ベイルが出るのであればそちらのサイドからの攻撃が増えるのは間違いないだろう。

トッテナム・ホットスパー

スパーズはこちらも前節から変更なく同じメンバーで挑んだ。ケガの情報もあったルーカスとエンドンベレはともにベンチからのスタートとなった。

こちらは狙いとして高い位置からのプレッシングをはぐためにデレ・アリが前節同様少し下がり目で攻撃を組み立てて要所で攻撃参加しファイナルサードで仕事をする算段だろう。そして一瞬の隙があればアルデルヴァイレルトから1本ロングフィードでソン・フンミンを走らせてCBの裏を狙うだろう。

気になるのは攻守ともに運動量が豊富な選手がリーズにいること。これによりスパーズは自陣で守る際にサイドバックが数的不利な状況になりやすくなる。前回対戦は左サイドバックにデイビスと守備的に、右サイドバックはドハティだったがベルフワインが右サイドハーフに入って守備時にも奔走した。個々の違いがどうなるのか。

試合展開

この試合は両チームとも立ち上がりから前線にプレスをかけてアグレッシブにボールを奪いに行く姿勢を見せた。試合が動いたのは13分。左サイドで受けたハリソンが縦へ突破しクロス。これをレギロンがクリアできず自軍ゴールへ蹴り込むがロリスがセーブ。そのこぼれ球をダラスが詰めてリーズ・ユナイテッドが先制。

攻め込むのに苦戦したスパーズだったが、25分に追いつく。中央で受けたデレ・アリが、右前を走るソン・フンミンへスルーパス。ディフェンダーの足が当たるもこれがちょうどいい強さのボールになりソン・フンミンがシュートを放ちゴールこれで1-1のスコアにした。

その後前半31分にロチェルソ→ソン・フンミン→デレ・アリ→ケインと繋いでケインがデレ・アリのボールをダイレクトでループ気味のボールでシュート。これがネットを揺らし逆転に成功したと思われたが、なんとオフサイドの判定。写真で見てもわかるようにこれは非常に不可解な判定だった。

不可解な判定に苦しんだスパーズだったが、42分に失点。これもスパーズの右サイドで受けたハリソンがオーリエと対峙。それを追い越す動きを見せたアリオスキが縦へ走り込みハリソンがスルーパス。それをワントラップしてクロスを入れバンフォードが中央で左足で蹴り込みゴール。リーズは突き放すことに成功。

後半のスパーズはケインのフリーキックや左サイドからの攻撃があったものの、ビッグチャンスと呼べるものはほとんど作らせてもらえなかった。ラメラ、ルーカス、エンドンベレを投入し、メイソン監督の追いつこうという意図が見受けられた矢先、84分にダメ押しとなる3点目をカウンターから献上。

これもオフサイドのように思われたがVARで線を引くことなく不可解な判定だった。しかしこの失点に関してはオフサイド云々以上に大きな問題があったのでポイントのところで見ていきたい。これによって試合が決まり結局3-1でリーズ・ユナイテッドの勝利に終わった。

試合のポイント

この試合は2つのポイントが挙げられる。ザルな守備陣と運動量と勝利への意欲の差だ。

ザルな守備陣

今回の失点3失点共にスパーズの右サイドからのクロスボールからの失点だった。ここで気になるのは、オーリエの守備対応もそうだが、そのカバーに誰もいなかったこと、サイドバックが追い越す動きを見せているにもかかわらず誰もついていかなかったこと、ダイアーが文字通りのボールウォッチャーになってしまっていたことだ。

前回対戦時には、リーズは攻撃に厚みをもたらしてくることをモウリーニョ監督は読んでいたのか、右サイドハーフには守備に走ることができるベルフワインを投入していた。そして左サイドバックはデイビスとこちらもレギロンより守備ができる選手を配置した。

トッテナム・ホットスパー vs リーズ・ユナイテッド マッチレポート
プレミアリーグ第17節、トッテナム・ホットスパーとリーズ・ユナイテッドの一戦は、3-0で公式戦5試合ぶりのクリーンシートを達成してスパーズが勝利をおさめた。フォーメーション (adsbygoogle = wi・・・

これによりサイドでの守備時には数的不利を可能な限り作らせることなく対応できていた。しかしこの試合ではオーリエ単独での守備の場面が多く、確実のスパーズの右サイドが狙われていた。これはノースロンドンダービーの時のように、ベイルのいたサイドが狙われていたといえる。守備時にフォローがいないことでオーリエは、1失点目では縦への突破よりインに入ってくる方が脅威と考えインへの動きを警戒していたが縦へ突破されて後手を踏みクロスを入れられて失点。2失点目にもまずはインを切っていたがサイドバックのアリオスキの追い越す動きについていけず、フォローもなく自由にしてしまいクロスを上げられ失点。これはオーリエのみの責任ではなく、チームとしての責任も大きい。

しかしそのクロスを入れられた先のダイアーもほとんど動けず前を取られてしまい失点。1失点目はスルーが逆手になりレギロンの反応が遅れてしまい失点。2失点目は前へ出てくるバンフォードについていけず失点。

やはり今シーズンのクロスボール対応の弱さが浮き彫りに出てしまった一戦で、修正してこれなかったことが、今に響いてきたのだろう。

運動量の差、勝利への意欲

もう1つのポイントは運動量の差だ。注目すべき点は3失点目だ。まずオーリエが縦パスを出す選手にチェックに行くが縦へとパスを出されてしまいそこからチャンスを作らせてしまった。

私はここで縦パスを入れられた瞬間にオーリエがしっかり走って戻ると思っていた。しかし彼はウォーキング。エクササイズをしている場合ではない。そしてアルデルヴァイレルトはチェックに行くがはがされてスペースを作ってしまい数的不利に。ホイヴィアもパスカットを試みるもわずかに足が届かなかった。ここでもホイヴィアとエンドンベレはランニングで全力で戻ることなく、ダイアーのみで対応となった。

私の目にはレギロンがパフォーマンスレベルのダッシュをしていたように見えたが、していないよりはマシだ。アルデルヴァイレルトも、ホイヴィアも、エンドンベレも、オーリエも全力で戻る姿を見せることはなかった。

これが運動量の差なのかといえば違うのかもしれない。エンドンベレに関しては80分からの出場でまだ5分も出場していない中であのプレー。メイソンが起用しない意図が何となく読み取れた気がする。

この失点の重みは誰もが理解しているはずだ。ここで失点すればあとはないと。しかし現実は守備へ走って守りに行く意欲に欠け、勝利への意欲が失われていたように思えた。ディフェンダーの総とっかえは待ったなしだ。

次の対戦相手

スパーズの次の対戦相手は、日本時間5月16日日曜日に22時5分からホームでウルブズとの一戦だ。今シーズンも残りわずか3試合。CLだけでなくELですら危ぶまれる状況になった今、より勝利への意欲が試されるだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました