サウサンプトン vs トッテナム・ホットスパー マッチプレビュー

サッカー記事

Welcome to the preview show !!

プレビューショーへようこそ。今回は週末のプレミアリーグ第2節、サウサンプトンとトッテナム・ホットスパーの一戦をプレビューしよう。

サウサンプトンはプレミアリーグ開幕戦でクリスタル・パレスと対戦し0-1で敗戦。クリスタル・パレスがザハとタウンゼンの個人技によるカウンター狙いだったのに対して、サウサンプトンはボールを持たされる展開が続いた印象だ。スタッツでもサウサンプトンが支配率70%、パス成功率79%の総数568本という数値だったのに対して、クリスタル・パレスはパス成功率51%の総数234本。スタッツの面では上回っていたサウサンプトンだったが、後ろから前へのビルドアップの際にタウンゼンやマッカーサーにボールを奪取されることが多かった印象。クリスタル・パレスとしては狙いどころでしっかりボールを奪い手数をかけることなくフィニッシュに持っていくというゲームプランを見事に遂行したといっていいだろう。サウサンプトンもビッグチャンスがなかったわけではないが、GKのナイスセーブや決定力を欠いてしまい反撃できず。

そのサウサンプトンはミッドウィークにもカップ戦があり、メンバーを落とすことなくイングランド2部チャンピオンシップのブレンドフォードと対戦したが、こちらも0-2で敗北。チーム状況は良いとは言えないだろう。メンバーは負傷の情報はないが、気になるアームストロングはスコットランド代表に選ばれていることから、ケガでの離脱ではないはず。どのような理由で2試合メンバー外なのかは不明。

対するスパーズはプレミアリーグ開幕戦はエヴァートンに0-1で敗戦。ミッドウィークにはELの予選を行い2-1で逆転勝利。ただこの2試合で改めて浮き彫りになったクロス対応をどのように修正したのか。はたまたメンバーチェンジによって修正してくるのかは見ものだ。前節ではロチェルソがケガの影響で出場できなかったが、この試合では先発が濃厚だ。彼の出場がチームにどのようなアクセントとなるのか注目したい。ケガ人はおそらくタンガンガのみ。心配されてるエンドンベレはミッドウィークの試合で得点を決めるなど復調の兆し。ロチェルソも復帰し万全の状態といえる。

そんな両チームの予想フォーメーションは・・・

サウサンプトン

FW:アダムス イングス

MF:レドモンド ロメウ ウォード=プラウズ スモールボーン

DF:バートランド ヴェスターゴーア スティーブンス ウォーカー=ピーターズ

GK:マッカーシー

トッテナム・ホットスパー

FW:ソン ケイン ルーカス

MF:ロチェルソ ホイヴィア ウィンクス

DF:デイビス アルデルヴァイレルト サンチェス ドハティ

GK:ロリス

サウサンプトンはミッドウィークから、ベドナレクとテッラに代えてヴェスターゴーアとスモールボーンが入るのではないかと予想。結果が出ていない中で何か変化をつけてくるはず。対してスパーズも前節のエヴァートン戦からロチェルソとシソコを代えるのみではないだろうか。気になるエンドンベレはモウリーニョ監督がケガ明けのフィットネスで心配しており、90分フルで戦えると考えていないのではないだろうか。そのためこの試合もベンチからのスタートだが、試合内容次第では後半15分から出場だろう。

試合時間は9/20のランチタイムキックオフで日本時間20時。セントメリーズスタジアムでキックオフだ。主審はデイヴィット・コーテ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました