トッテナム・ホットスパー vs マンチェスター・シティ マッチプレビュー

サッカー記事

Welcome to the preview show!!

プレビューショーへようこそ。今回は代表ウィーク明けのビッグマッチ、トッテナム・ホットスパーとマンチェスター・シティの一戦をプレビューしよう。

直近の成績

現在2位を走るトッテナム・ホットスパーは前節、アウェイでウエストブロム相手に0-1で勝利。しかしながら決して内容がいい試合とは言えず、連戦の疲れの影響も見えた。そんななかでのドハティからのクロスにケインが合わせてゴールを決め、勝ち切る力強さを今シーズンはみせている。公式戦では現在3連勝中でリーグ戦に至っては開幕戦のエヴァートン戦における黒星を除いて7試合負けがない。ただし、15試合の公式戦でわずかに3試合しかクリーンシートがないというのは見逃せない点の1つだろう。ここまでの守備陣営の働きをどう改善したのかに注目が集まる。

対する10位(スパーズより1試合少ない)に位置するマンチェスター・シティは、前節リヴァプール相手に1-1のドロー。この試合ではシティがリヴァプールにPKを与えて失点をしたものの、デブライネのアシストでジェズスが決めて同点に持ち込んだ。しかしどちらも決定機を書き、デブライネはPKを外し、スターリングはGKとの1vs1を決めきれず、リヴァプールも最後の最後を押し込めない展開となった。しかしながら、得点に不安があるわけではない。今シーズンのここまでの公式戦では、12試合で常に1得点以上決めている。そして9試合負けがなく、公式戦12試合でわずか1敗のみ。またクリーンシートも5試合あり守備にも安定があるといえるが、最後に負けた相手であるレスター相手に5失点という手痛い敗戦を喫している試合もある。そのレスター戦は、手数をかけない攻撃に苦戦していた印象が残っている試合で、もしかするとトッテナム・ホットスパーのソン・フンミンとケインにはかなり手こずるかもしれない。

予想フォーメーション

そんな両チームの予想フォーメーションは・・・

欠場者情報

トッテナム・ホットスパーはラメラ、ウィンクス、タンガンガが負傷離脱中。ドハティは新型コロナウイルスに感染したためこの試合は欠場する。シティはメンディ、アケ、スターリング、アグエロが負傷離脱中との情報あり。フェルナンジーニョは体調に問題があるとして欠場の噂もある。

トッテナム・ホットスパーの予想考察

予想したメンバーは、スパーズのディフェンスは右はオーリエのみとなったため必然的。CBはここ数日サンチェスがメンバーから外れており、この試合でもベンチの予想。しかしシティの前線のスピードを考えるとサンチェスをスタメンで起用してそのスピードに対応するのも有りか。ロドンをこの試合でいきなりスタメンで起用することはないだろうからベンチ入り予想。左サイドバックもスピードに対処できるレギロンを予想。シソコのポジションは様々な意見があるが、私は彼を推薦したい。確かに攻撃時におけるクオリティにはイマイチかけるが、守備時における身体の強さや奪った後の推進力は他の選手にはないためである。ホイヴィアは替えが効かない。エンドンベレではなくロチェルソを予想したのは、代表戦でも好調な出来栄えだったのと、守備の時間が増えることを懸念して、しっかり守備をできる選手が選ばれるだろうとの予想。ソンとケインは替えが効かない。ルーカスでなくベイルなのは、少しずつではあるが本調子に戻りつつあるのと、やはりソンと同様に爆発的なスピードに乗ったドリブルとミドルシュートがあり、相手のディフェンスラインを下げさせるためのプレッシャーとしての役割を期待しての予想。

マンチェスター・シティの予想考察

シティはスターリングが負傷離脱との情報でフェラン・トーレスを左で右にマフレズが入る予想。ベルナルドシウバではなくマフレズなのは、細かいドリブルで攻めることができるマフレズの方が、スパーズCBは嫌うであろうと思われ、特にダイアーはその対応の遅れでフォールを与えてしまうことが多いことから、嫌がられるドリブラーを配置するのではないだろうか。中盤以下は前節と変更がないため多くのことを書かないが、ウォーカーのスピードとソンのスピード勝負の試合になるかもしれない。

両チームの過去の対戦成績

両チームの過去の対戦は、直近の公式戦5試合でスパーズから見て2勝1分2敗と五分五分。この試合の中には19/20シーズンUEFAチャンピオンズリーグ決勝ラウンドも含まれており、その時には1stレグで1-0でスパーズ、2ndレグで4-3でシティが勝利したものの、ラウンドを次に進めたのはスパーズだった。また、この5試合だけでも両チーム合わせて合計15得点がうまれるなど非常に試合が動く組み合わせともいえるだろう。ちなみにベイルが最後に在籍したシーズンでは、1勝1敗だったが、シーズン後半戦の試合では後半の75分から82分までのたった7分間でデンプシー、デフォー、ベイルが決めて3-1で勝利している。またこの時のシティのGKは現在スパーズでセカンドGKを務めるジョー・ハートだった。

何かとスコアが動きそうな組み合わせ。この試合を裁くのはマイク・ディーン。トッテナムホットスパースタジアムで日本時間2:30からキックオフだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました