トッテナム・ホットスパーのパートナー企業(スポンサー)の紹介

トッテナム・ホットスパー

最近のスパーズの試合を観てみると、あまりいい試合ではないことが多いですね・・・。

今回は、一転して試合のことや選手のことに言及するのではなく、トッテナム・ホットスパーというチームにフォーカスしていこうと思います。

ここではトッテナム・ホットスパーのパートナー企業について見ていきましょう!

この企業の商品を購入すれば、何割かはスパーズに貢献できるかもしれませんよ笑

このブログでは、クラブのサプライヤーやスタジアムのサプライヤーに関しての調査は除きます。これらはまた後日別のブログで書かせていただきたい。

AIA

スパーズの試合を観る上で、絶対に見かけるであろうAIAという文字。それもそのはず、ユニフォームの胸スポンサーであるこの企業。いったい何の会社なのか知っている方はスパーズサポーター以外の方ではあまりいないと思われる。

このAIAはグループ企業でAIAグループと呼ばれている会社で、香港に本社があり主にアジア圏が活動範囲の生命保険、金融会社である。

もともとは、マンチェスター・ユナイテッドのスポンサーで観たことがあるAIGグループのアジア部門だったが、リーマンショック時に経営分離された会社である。

保険会社である

このアジア大手の生命保険会社は、スパーズと2013年から主にカップ戦のユニフォームで胸スポンサーに。2014年からはすべてのコンペティションにおける胸スポンサーになり、当初2017年まえの契約だったものを2027年まで契約を延長した。当面の間は、ユニフォームの胸スポンサーはよほどのことがない限りAIAになるとみていいだろう。

NIKE

トッテナム・ホットスパーのユニフォームを見る上でもう一つ目につくマークは、ユニフォームサプライヤーであるナイキだろう。ナイキに関してはここで書くまでもなく皆が存じ上げている企業だろう。アメリカオレゴン州に本社がある世界的にも有名な多国籍企業で、名前の由来はギリシャ神話の勝利の女神「ニーケ(NIKE)」が由来となっている。

ナイキとスパーズは、17-18シーズンからユニフォームサプライヤーに就任。以前まではアンダーアーマーが5シーズン続いていたが、ここにきてナイキと契約した。複数年契約であるという話を聞いたことがあるものの、私は何年契約なのか情報をつかめていない。一説では2022年までという話があるみたいだが果たして?

Cinch

最近になって、スパーズのユニフォームの袖にcinchという文字が入り始めたのはご存じだろうか。この会社はイギリス国内で急成長中の車販売会社で、新車や中古車のオンライン販売を手掛けている。

スパーズとは2021年1月10日以降の試合から男女どちらのチームのユニフォームにも入ることになっており、男子チームだとFAカップのマリーン戦から袖口にcinchとパッチが入った。

オフィシャルスリーブパートナーとして複数年にわたるパートナーシップの契約を結んだとあり、契約年数までは不明。とはいえ袖口のスポンサーを見つけることができ、この経営が苦しい状況ではかなり大きな契約なのではないだろうか。

HSBC

HSBCホールディングスと呼ばれるこの企業は、イギリスロンドンに本部がある商業銀行で、世界最大級のメガバンクである。1865年に香港で創立した香港上海銀行を母体として1991年に設立。日本にも1866年に横浜に支店を開設しており、現在は東京の中央区日本橋に支店、大阪にも支店がある。

スパーズとは2019年から5年間、公式バンキングパートナーとして契約を結んでいる。

Audi

アウディは日本でも見かけることが多々あるドイツの自動車メーカーだ。アウディはフォルクスワーゲングループに属する自動車メーカーで、エンブレムの4つの丸が特徴的。フォーシルバーリングスとも呼ばれ、アウディの前身企業であるアウトユニオンのエンブレムに手をかけたもので、アウトユニオンを設立した4社の団結を象徴するものである。

スパーズとは、2018年から4年間の独占契約を結び、スパーズのオフィシャルカーパートナーとして契約。アマゾンプライムで観ることができるAll or Nothingにおいて、モウリーニョが就任した時に乗ってきた車がアウディだったのは記憶に新しいのではないか。

アウディはAUDIにOという文字を付けるとAUDIOになるため、音質にもこだわりがある企業だと先日ディーラーさんにお邪魔した際にご教示いただいた。とはいえ、私は結局アウディのお車は購入しませんでしたが・・・

皆さんは、アウディのお車を購入することで、いくらかはスパーズへの還元になるかもしれませんので、お車のご購入をご検討されている方は、ぜひお近くのアウディへ笑

FUN88

FUN88は日本での利用は現在できないオンラインカジノだ。中国や東南アジアを中心に1000万人の利用者がいる。

スパーズとの契約は意外と長く、2012年8月からアジアにおけるオフィシャルベッティング&ゲーミングパートナーとして就任。最初は2年間の契約で2014年までだったが、2016年に再び契約し、その際にはアジアだけでなくラテンアメリカ地域の公式ベッティングパートナーに就任。これも2年契約で2018年までだったがその年に新たに契約延長を発表。複数年契約といわれているため、残り契約年数は不明だが、ソン・フンミンがいる限りはアジアにおけるマーケティング面で有利になるであろうことから、当面は契約が続いていくのではなかろうか。

Hewlett Packard Enterprise

ヒューレットパッカードエンタープライズは、1939年にアメリカで設立された情報、通信企業で、主に有名なものだとパソコンを作っている会社だ。皆さんが存じ上げているヒューレットパッカードは、2015年に2つの独立した法人に分割した。その際にHP.Incというパソコンやプリンターなどを扱う企業、データセンターなどのサーバー向けの機器を扱うヒューレットパッカードエンタープライズという企業に分割。今現状、スパーズのスポンサーになっているのは後者の方だ。

前身企業のヒューレットパッカード(hp)は、13-14シーズンにスパーズの胸スポンサーに1シーズンだけ就任。その後は2017年にヒューレットパッカードエンタープライズ社と再び契約。この契約は、トッテナム・ホットスパースタジアムのオープンのために契約で、スタジアム内の公式ITネットワークおよびワイヤレスインフラストラクチャーパートナーとして就任。今現在もヒューレットパッカードエンタープライズ社の技術を持ってスタジアムをサポートしている。

hpの商品であれば、パソコンやプリンターなども家電量販店で手に入るので、もしパソコンの購入を検討されているようであれば、スパーズをサポートする名目で購入してはいかがでしょうか?笑

Libertex

リベルテックスは、1997年から営業している簡単に言うとFXを中心とした金融市場やオンライン取引を行っている会社だ。

スパーズとは2020年9月からスポンサー企業に就任。主に電光掲示板内で広告を表示し、サポーターの方々にはイベントやマッチデーによりよいおもてなしを提供していくとのこと。

HEINEKEN

ハイネケンはオランダのビール醸造会社で、それと合わせてブランドの名前でもある。現在は世界170か国以上で販売されており、世界第2位を占める世界的なビール会社だ。また、サッカー界でも有名な企業なのではないだろうか。理由はUEFA Champions Leagueのオフィシャルスポンサーを四半世紀以上という長きにわたって務めており、ハーフタイムや試合前には必ずといっていいほどハイネケンのCMが流れているからだ。

私もハイネケンという名前は小さい時から存じているものの、どのような会社なのかはもう少し成長してから知ったように、名前だけは聞いたことのあるサッカーファンも多いのでは。

スパーズとは、2018年5月からオフィシャルビールパートナーに就任。理由はトッテナム・ホットスパースタジアム内にあるバーからビールを提供するうえで、スパーズ自身のブランドのビールだけでなくハイネケンビールも提供していくためだろう。新スタジアムにビールを提供できるということで、両者winwinな関係だろう。

皆さんもビールを飲む際は、ハイネケンビールを積極的に飲むことで、スパーズに少し貢献できるかもしれませんね笑

MONSTER

モンスターは、正式名称Monster Energyで、2002年から販売を開始したアメリカを拠点に置くエナジードリンクブランド。世界140以上の国と地域で販売しており、日本国内においてもコンビニなどで見かけることのあるレッドブルに並んで有名なエナジードリンクだ。

スパーズとは、2019年9月から公式エナジードリンクパートナーとしてパートナーシップ契約。契約年数は明かされていない。

レッドブルではなく、モンスターを飲むことで、スパーズにわずかながら貢献できるかもしれませんね。

KUMHO TYRE

クムホタイヤは、韓国にあるタイヤメーカーである。

スパーズとは2016年に7月に2年間のオフィシャルタイヤパートナーとして就任。英国におけるブランドとビジネスの普及活動における成長を目標に契約。おそらくソン・フンミンの加入による影響も大きいと思われる。

その後は、2018年11月に3年間の契約延長に合意。20-21シーズン終了までの契約となっている。今後の契約についてはアナウンスされていない模様。

タイヤメーカーではありますが、個人的にはクムホタイヤはスパーズのスポンサー企業とはいえ、購入することはないと思います笑。やはり国産メーカーの質の高さと安心安全性を一番にしたいのと、私自身が福山雅治さんの大ファンであり、彼がダンロップの広告塔であるため、残念ながらクムホタイヤを今後購入することはなさそうです。タイヤメーカーにこだわりのないスパーズサポーターの方は、ご購入を検討してみても良いかもしれませんね。

EA SPORTS

【早期予約特典】FIFA 21(【同梱】DLC)

価格:5,219円
(2021/2/23 21:06時点)

EAスポーツは、1993年にアメリカに本社を構えるエレクトロニック・アーツ(EA)が設立したスポーツゲームを専門とするゲームのブランド。ゲームの開発・製作はバンクーバーのEAカナダが行っている。サッカー界で有名なのはFIFAシリーズだろう。私自身もFIFAシリーズはFIFA14から2年ごとにお世話になっているゲームだ。

スパーズは2018年8月にクラブ公式ビデオゲームパートナーに就任。以前も2012年から2015年までの間もパートナーシップを結んでいた。

IWC SCHAFFHAUSEN

IWC(インターナショナル・ウォッチ・カンパニー)シャフハウゼンは、スイスにある時計ブランドで、1868年に設立した会社だ。シャフハウゼンは地名だ。

スパーズとは2018年に公式タイミングパートナーに就任。スタジアム内の時間計測はIWCが請け負っている。

私は腕時計に関しては無知でありあまり興味がありませんが、いちおうに高い腕時計のブランドメーカーであることは分かります。もし腕時計の購入を考えているスパーズサポーターの方は、ぜひ一度ホームページなりをみてもいいかもしれませんね。

Hotels.com

ホテルズドットコムは、本社がアメリカにあるオンラインや電話等でホテルの予約ができるウェブサイトを運営している企業だ。34か国で展開しており、世界的に見ても大きな旅行代理店で、親会社はあのエクスペディアグループである。

サッカー界とはUEFAチャンピオンズリーグのオフィシャルスポンサーであることも有名だろう。試合前の広告の際にはハイネケンや日産と並んでホテルズドットコムの名前も出てくる。

スパーズとは2018年6月からオフィシャル宿泊パートナーに就任。長期契約を結んだとある。

HUGO BOSS

ヒューゴ・ボスは、本社がドイツにある紳士服の高級ファッションブランドである。サッカードイツ代表や、バイエルン・ミュンヘン、インテル、パリ・サンジェルマン、レアル・マドリーのオフィシャルスーツサプライヤーとして契約している。

スパーズとは2020年に契約を開始。契約年数は明らかになっていないものの、このコロナウイルス状況下において、あまり長くない契約年数になるのではないだろうか。

高級スーツのご購入を検討されているスパーズサポーターの方は、ぜひHUGO BOSSを検討してみてほしい。スパーズの選手たちと同じスーツを身に纏うことができるかもしれない。

Cadbury

キャドバリーは、イギリスに本社があるお菓子や飲料メーカーである。日本では現在の社名がモンデリース・ジャパン株式会社という名前で、キャドバリーのお菓子を一時期販売。この会社は過去にヤマザキナビスコと提携していた。その後契約解消に伴って、ヤマザキナビスコ社はヤマザキビスケットに社名が変更している。

サッカー界ではヤマザキナビスコカップという名前の大会が、ルヴァンカップに変更しており、少しではあるがこのキャドバリーが絡んでいるのは私も調べてから初めて気が付いた。

スパーズとは2020年6月から公式スナックパートナーに就任。パートナーシップの際にはスタジアムをブランドカラーである紫色に照らした。

あとがき

以上がトッテナム・ホットスパーのパートナー企業だ。これらの商品を買ったり身に着けたりして、スパーズを応援していきましょう!!(私は結局audiを買いませんでしたが・・・)

コメント

タイトルとURLをコピーしました