トッテナム・ホットスパー vs リーズ・ユナイテッド マッチプレビュー

サッカー記事

Welcome to the preview show !!

プレビューショーへようこそ。今回はプレミアリーグ第17節、トッテナム・ホットスパーとリーズ・ユナイテッドの一戦をプレビューしよう!

前節までの成績

まず、両チームの前節までの成績について見ていこう。

トッテナム・ホットスパー

トッテナム・ホットスパーは12/31に行われる予定だったフルハムとの一戦は、フルハム側に新型コロナウイルスの感染者が大勢いたため延期。このタイミングでの延期は、全てのコンペディションを勝ち抜いているスパーズにとってはいささか痛手ともいえる。

その直近までの成績は、ウルブズに1-1でドロー。リーグ戦では12/7のアーセナル戦以降パレス、リヴァプール、レスター、ウルブズと4試合勝利がない。

順位も5位から10位のウエストハムが勝ち点26で並んでいる状況。1位の勝ち点33リヴァプールに追いつき、下位チームを引き離すには、ここでの勝利はマストといえる。

リーズ・ユナイテッド

対するアウェイのリーズ・ユナイテッドは、ここ2試合バーンリーとウエストブロム相手にクリーンシートで勝利。またウエストブロム相手には5-0で勝利と攻撃陣が爆発。

その一方で、リヴァプール、ウルブズ、アーセナル、チェルシー、マンチェスター・ユナイテッド、レスターといった昨シーズン上位のチームに勝利がないのも気になるとこ。そして、レスター、ユナイテッドやリヴァプール相手には4失点以上喫している。

大量得点で勝利もしている一方で、大量失点で敗れる試合も多く、スパーズとの試合も打ち合いになる可能性もある。

予想フォーメーション

両チームの予想フォーメーションは・・・

トッテナム・ホットスパー

スパーズはベイル、ロチェルソがケガで離脱中。ルーカスとヴィニシウスは理由は不明だがチームからの帯同は外れている。

リーズとの対戦は、打ち合いになることが予想され、あえてその土俵に挑むモウリーニョではないだろう。そのため、守備に重きを置いてくることが予想されるため、左サイドバックはデイビスで、ミスの少ないアルデルヴァイレルトがスタメンに復帰するのではないだろうか。

ただ、前節は守備から攻撃へつなげるリンクマンが不足していた。エンドンベレが下がって以降は残念ながら攻撃のクオリティが上がらなかった。そのため、この試合ではエンドンベレがボランチに入り、デレ・アリがトップ下に入るのではないだろうか。コンディションが上がってきているエンドンベレであれば、攻守の貢献も期待できるだろう。その場合、エンドンベレの交代のタイミング次第では、自分たちの首を絞めかねないが。

リーズ・ユナイテッド

リーズ・ユナイテッドは、フォーショウ、ジョレンテ、ベラルディ、クーパー、クリフ、コッホが負傷離脱中。しかし、クリフは前節のウエストブロム戦で途中交代をしており、重傷でなければベンチには入ってくるのではないだろうか。

前節からは、そのクリフのポジションに21歳のイングランド人シャクルトンが入ると予想。ウエストブロム戦でもクリフに代わって途中出場しているため、可能性は大いにある。

過去の対戦成績

トッテナム・ホットスパーとリーズ・ユナイテッドは、ここ10年以内で1度だけの対戦がある。2013年1月27日にFAカップで対戦しており、この時は2-1でリーズ・ユナイテッドが勝利している。もちろんこの時とはメンバーが異なるため参考にはならないだろう。ちなみにスパーズの得点者は、クリント・デンプシー。

試合詳細

試合は日本時間2021年1月2日21:30からトッテナム・ホットスパースタジアムでキックオフだ。主審はデイヴィッド・コーテ。リーズ・ユナイテッドはこの試合に勝利でスパーズと勝ち点を並べることができ、スパーズは3位4位のエヴァートン、レスターと並ぶことができる。

互いに上位へ食い込むための大事な一戦。まずは延期にならないことを祈りつつ、試合を楽しみにしたいところだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました