トッテナム・ホットスパー vs マンチェスター・シティ マッチプレビュー 21-22シーズン開幕戦

サッカー記事

Welcome to the preview show !!

プレビューショーへようこそ。今回はプレミアリーグ開幕戦より、トッテナム・ホットスパーとマンチェスター・シティの一戦をプレビューしていこう。

両チームの情報

まずは試合前の両チームの情報をまとめていこう。

トッテナム・ホットスパー

スパーズはプレシーズンマッチでレイトン・オリエント、コルチェスター、MKドンス、チェルシー、アーセナルと対戦し、3勝2分とシーズン前とはいえ負けなしでシーズンイン。

特にUCL王者のチェルシーと2-2のドローで終えることができたのは良い収穫だったのではないだろうか。

選手の獲得はここまで、GKにゴッリーニ、サイドハーフにブライアン・ヒル、センターバックにロメロを獲得。ガッサニーガ、ハート、アルデルヴァイレルト、フォイス、ラメラを放出し抜けた穴を上手く埋めつつ世代交代を着々と進めているように思う。

気になるのは右サイドバックだ。結局昨シーズンと同じオーリエとドハティにプラスしてタンガンガがいる。オーリエに関しては噂が絶えないものの、その後釜に関する情報が出ては消えの繰り返し。

今シーズンもディフェンスラインに関しては、やや不安の残る中でのスタートになりそうだ。

マンチェスター・シティ

対する昨シーズンリーグ覇者のマンチェスター・シティは、プレシーズンマッチではプレストン、バーンズリー、ブラックプールと戦い3戦全勝を記録。

しかしリーグより一足先に開催されたレスター・シティとのコミュニティーシールドでは、0-1で敗戦を喫した。

この試合は支配率こそマンチェスター・シティが上回ったものの、シュート数とチャンス数はほぼ互角。レスターはヴァーディに決定的なチャンス、マンチェスター・シティは何度か決定的なチャンスがあったものの、お互いに決めきれず結局86分のイヘアナチョのPKでゴールが決まった。

マンチェスター・シティはやはり絶対的なストライカーがいないことが脅威を半減させているのではないだろうか。この試合も決定力を欠き最後の最後まで苦しんだ。

開幕戦で対戦するスパーズのエースハリー・ケインを狙う理由がよく分かった気がするが、仮に獲得できなければ、今シーズンはここぞという場面で苦戦しそうな予感がした。

予想フォーメーション

では両チームの予想フォーメーションは・・・

トッテナム・ホットスパー

スパーズのケガ人は、セセニョンはハムストリングの負傷。ロメロとブライアン・ヒルに関しては、チームに合流して間もないためスタメンでの出場の可能性はほぼ無く、あり得るとしたらベンチスタートだろう。

ケインは去就不透明かつトレーニング時間も短いためスタメンは無いだろう。エンドンベレに関してはヌーノ監督曰くパフォーマンスレベルがまだ高くないとのことで、この試合もメンバー外になりそうだ。

私はこの試合ではプレシーズンで出番の多かった選手たちが選ばれると予想。

ケインの去就が不透明な状態かつトレーニングも積めていない様子であることから、ワントップにはソン・フンミンが入るのではないだろうか。

気になるのは中盤から後ろにかけての人選だ。ホイヴィアの相棒にはスキップが選ばれてきていたため、ロチェルソかスキップかは非常に迷う。私は経験値と攻撃への打開力も考えてロチェルソを予想

CBはプレシーズンを見る限り、ダイアーとサンチェスになりそうだ

右のサイドバックに関しては、タンガンガがアーセナル戦でアシストを記録するなどオーリエやドハティに比べてアピールに成功したと思われ、なおかつグリーリッシュとの対峙で守備に負われる時間が長くなりそうなことを考えると、タンガンガをスタートから起用するのではないだろうか。

マンチェスター・シティ

対するシティはデブライネが足首の負傷、フォーデンも脚の負傷でエレーラも骨折による負傷から復帰していない。

ジェズスとスターリングに関しては、先のコミュニティシールドでもメンバー外になるなどどのような状況なのか不明。

となるとトップの位置にはトーレスがレスター戦に続いてゼロトップのような形になるのではないか。この対戦では左にエドジーという18歳の若い選手を起用したが、さすがにグリーリッシュを起用してくると思われる。

中盤のベルナルド・シウバに関しては、ケインのトレード要員になりそうなため、この試合で起用されるのかは分からないが、メンバーが不足していることを考えると起用せざる得ないのではないか。

サイドバックは右にウォーカーで左にメンディーを予想。ベルフワイン、ルーカス、ソンというスピードスターを相手にする状況では、まず対人で負けない守備を求められるだろう。するとシティもスピードとフィジカルの強さがあるメンディとウォーカーで対処してくるのではないか。

とはいえ中盤の枚数にやや不安があるため、コミュニティシールドのようにインサイドハーフにパルマーという若い選手を起用するのであれば、カンセロを偽のサイドバックにして中盤を厚くすることも考えられる。

シティはベルナルド・シウバへの扱い次第で、メンバー選考が変わってきそうだ。

試合内容の予想

試合内容は基本的にはシティがボールを保持してパスをつなぎ、スパーズがプレッシャーを与えつつ鋭いショートカウンターを狙う展開になるのではないか。

注目は中盤の戦いで、スパーズはホイヴィアを中心にどれだけボールを前線に運ばせないか、そして鋭い縦パスをどれだけソンや両ワイドに対して入れることができるのか。

シティはワイドにボールを回してスパーズの陣形をかく乱させてくるだろう。それに対してスパーズはいかにコンパクトに陣形を保ち続け、ハーフスペースへのボールの供給を断ち、必要以上に追い回さない我慢強さも必要になりそうだ。

過去の対戦成績

両チームの過去の対戦成績は、直近10試合ではスパーズから見て3勝1分6敗。ただし直近5試合では2勝1分2敗とイーブンともとれる。

一昨シーズンはスパーズが1勝1分で勝ち越し、昨シーズンはリーグカップ決勝を含め3回対戦し1勝2敗。その昨シーズンはシティが調子が悪かった前半戦にスパーズが勝利したものの、それ以降のシティはほぼ負けることがなく絶好調という波に乗りスパーズにも2連勝中。

前回のリーグ戦での対戦は、0-3でシティに完敗したスパーズ。ケインをシティに孤立させられたことでチャンスメイクが厳しくなったスパーズ。対してシティはGKの一発からでもギュンドアンが決めきるなど得点のバリエーションを見せつけられた

今回の対戦では頭数の少ないシティに対して、スパーズはどのような対策をしてきたのか注目していこう。

試合詳細

21-22シーズンプレミアリーグ開幕戦で最も注目されているだろう対戦は、日本時間8月16日月曜日の0時30分からキックオフだ。

会場はロンドンにあるスパーズのホーム、トッテナム・ホットスパースタジアム。

主審はアンソニー・テイラー。両チーム個人的な事情ともとれる離脱者がいる中、どのような試合内容になるのか注目していきたいところだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました