トッテナム・ホットスパー vs ニューカッスル・ユナイテッド マッチプレビュー

サッカー記事

Welcome to the preview show !!

プレビューショーへようこそ。今回はプレミアリーグより、トッテナム・ホットスパーとニューカッスル・ユナイテッドの一戦をプレビューしよう。

トッテナム・ホットスパーは前節、サウサンプトン相手に5-2で勝利。その後ミッドウィークに2試合行われる予定だったが、レイトン・オリエントの選手に新型コロナウイルスの陽性反応がでたため、不戦勝となり試合せず。ELの予選3回戦は、シュケンディア相手に3-1で勝利。開幕戦のエヴァートンに負けて以降は公式戦連勝を飾っているが、内容は決して良いものとはいえない。だが、エンドンベレの復調など少しずつ明るい材料が増えてきているのも事実。このニューカッスルとの試合以降はチェルシーとのカップ戦、ELプレーオフ、マンチェスター・ユナイテッドとのリーグ戦が続くため、波に乗るためにも内容と結果が伴う試合としたいところ。ケガ人はベイルが離脱中で、タンガンガは全体練習復帰したものの、おそらくこの試合でもプレーせず。レギロンも負傷離脱中ではないかとの噂もあるが、以前の会見でモウリーニョ監督は、今週中にはプレーするだろうと話していたことから、出場する可能性はある。エンドンベレは前回の試合で久しぶりのフル出場だったため、それが膝にどれだけの負荷がかかっていたのかが心配だ。

対するニューカッスルは、プレミアリーグ開幕戦ウエストハム・ユナイテッド相手に2-0で勝利したものの、第2節ブライトン戦では0-3で敗北。ニューカッスルは、ブライトン相手にプレミアリーグ6試合で4分2敗と相性がよくない相手だった。この試合では、サン=マキシマンが負傷離脱でこの試合に間に合うかは不明だが、おそらく欠場。ノリッジ・シティから新加入選手のジャマル・ルイスもこの試合は間に合いそうもない。他にはCBのシェアー、ダメットが負傷中。GKのドゥブラフカは足首の負傷で離脱中。FWのゲイルも負傷離脱中。ロングスタッフとクラークは負傷から復帰。ケガ人の多いニューカッスルのメンバー選考には注目したい。

過去5試合の対戦成績は、スパーズの4勝1敗となっている。唯一の負けは昨シーズンの前半戦でポチェッティーノが指揮していた時の0-1。スパーズがボールを保持し、ニューカッスルがカウンターを仕掛ける展開となっていたが、そのカウンターでジョエリントンに得点を許した。前回対戦は3-1でスパーズが勝利をおさめていた。この時はソンとケインの2ゴール。ただこの時からクロスの対応が甘く、ゲイルに再三チャンスを与えてしまったので、この試合でゲイルがいないとはいえ注意したい。オッズはスパーズの勝利が1.45倍、ニューカッスルの勝利が7倍、引き分けが4.5倍だ(bet365)。

さて、両チームの予想フォーメーションは・・・

ニューカッスルとブライトンの一戦を観戦した印象

ニューカッスルのDFラインは整っていない印象を受けた。ソンやルーカスの裏への抜けだしを期待して、サウサンプトン戦でも見せたケインが少し下がり目で受けて前線へボールを供給するスタイルは向いているといえるかもしれない。また、アルデルヴァイレルトのフィード力を活かすべきだと思う。そしてスパーズ同様にDFと中盤の間が空いてしまう時間があり、ブライトンはそこに上手くボールを納めて攻撃を行っていた。そのため、予想フォーメーションではシソコを組み入れたが、ロチェルソとホイヴィアのダブルボランチで、トップ下にデレ・アリを置きボールを保持させるのも十分考えられる。彼のコンディション次第だろう。エンドンベレでも良いがおそらくコンディション面からベンチスタート。もしかすると、ボールがキープできるラメラがルーカスに代わって入り、納める役回りを担うかもしれない。

ニューカッスルのスタイルとしては、ブライトン戦では前線からしっかりプレスに行っていた印象。ただ、負けていたのも理由の一つかもしれない。このプレスは、スパーズ同様前が動くだけで後ろがついてこれていなかった印象で、そのため中盤とDFに間が空いていた。ボールを奪ったら、素早く縦にボールを送り、まずはC・ウィルソンに当ててそこから展開という形が多かった。もしかすると、スパーズ相手に得点経験のあるジョエリントンではなく、長身のキャロルを起用して、スパーズが苦手とするクロスボールを多用してくることも十分考えられる。

両チームの前回の戦い方から見ると、ニューカッスルがボールを持ち、スパーズがカウンターを狙う展開になると予想。モウリーニョ監督が守備重視か、攻撃主体のどちらかでメンバー選考は大きく変わることになるだろう。

場所はトッテナム・ホットスパースタジアム。キックオフ時間は日本時間9/27の22時からだ。主審はPeter Bankes。

コメント

タイトルとURLをコピーしました