トッテナム・ホットスパー vs クリスタル・パレス マッチプレビュー 20-21シーズンプレミアリーグ第27節

サッカー記事

Welcome to the preview show !!

プレビューショーへようこそ。今回はプレミアリーグ第27節より、トッテナム・ホットスパーとクリスタル・パレスの一戦をプレビューしよう。

直近の成績

まずは両チームの直近の成績から見ていこう。

トッテナム・ホットスパー

現在プレミアリーグで勝ち点42の8位に位置するスパーズ。7位のリヴァプールは消化試合が1多い状態で勝ち点43とパレスに勝利すれば追い越すことができる大事な一戦。

そんなスパーズの直近の成績は、公式戦ここ5試合では4勝1敗で現在3連勝中。リーグ戦だけ見ても3勝2敗で2連勝中。徐々にではあるが調子が上向きつつある。

前節はアウェイでフラム相手に0-1の勝利。デレ・アリのゴールかに見えたシュートだったが結局オウンゴールの記録となったが、この20番の攻守への貢献が光るゲームだった。一方で不安材料はドハティとデイビスの両サイドバックで、パレスはタウンゼンや負傷から間に合いそうなザハといった強力なサイドアタッカーがいるパレス相手に、どのようなメンバー選考が行われるのか注目したいところだ。

クリスタル・パレス

対するプレミアリーグで勝ち点34と13位に位置するパレス。この試合に勝利すれば1試合消化試合が多いものの、10位のアーセナル勝ち点37と並ぶことができる上位に浮上するチャンス。

そのパレスだが、直近の公式戦ここ5試合では1勝2分2敗とイマイチ。とはいえ直近のマンチェスター・ユナイテッド戦では、0-0の引き分け。この試合ではボールを支配されていたものの、要所でカウンターやセットプレーからチャンスを作るなどユナイテッドゴールを脅かした。また守備面では、グアイタがビッグセーブがあったりと守り切った。

ザハがケガで離脱し、得点が奪えずやや失速気味ではあるパレス。また、ザハだけでなく中盤のマッカーサーやマッカーシーといった主力メンバーも何人か負傷離脱しているのは大きな痛手だ。

予想フォーメーション

両チームの予想フォーメーションは・・・

トッテナム・ホットスパー

スパーズはロチェルソがまだ怪しく、オーリエは負傷離脱との噂がある。

前節からの変更は左サイドバックのデイビスがレギロンに変えるくらいではないだろうか。ミッドウィークにはヨーロッパリーグがあるが、こちらは多少のターンオーバーを行って挑んでくると思われるため、この試合では必要以上のメンバーの入れ替えはないのではないか。

特にデレ・アリは、前節久しぶりのスタメン出場を果たしたばかりで、体力的にも十分かつ試合勘を取り戻していきたいところだ。結果も残しており、変更はないだろう。

あるとすれば、ベイルのポジションではないか。彼も負傷しやすい選手であり、ターンオーバーを行って休養を与えてもいいかもしれない。とはいえ、現状のうまくいっているチームを成熟させていきたい以上、変更があっても2名までではないだろうか。

クリスタル・パレス

対するパレスは、マッカーサー、マッカーシー、トムキンス、サコー、ファーガソン、クライン、ミッチェル、ヘネシーが負傷離脱中。

前節マッカーシーが負傷したことで、中盤の枚数が不足しつつあるパレス。そのため変更点はマッカーシーのところにリーデバルトと間に合うのであればザハがアイエウと変更するくらいではないか。

シュラップは前節が復帰戦で84分から出場した。このスパーズ戦では、これ以上の負傷者を増やしたくはないだろう。そのためシュラップではなく前節と同じタウンゼンが古巣対決になると予想。

ザハに関しては様々な憶測が飛び交っているが、もし間に合うのであれば間違いなくスタートから起用してくるだろう。スパーズのオーリエが負傷で欠場濃厚の現状、スパーズ右サイドからタウンゼンとザハが仕掛けてくると、守備に不安のあるドハティでは厳しくなるはずだ。

注目したい選手は、やはり前回対戦でビッグセーブを連発したグアイタだ。ダイアーのゴールマウス角に蹴ったボールにすら届くなど異次元ともいえるセーブを見せたこのスペイン人は、この試合でも覚醒するのではないか。

過去の対戦成績

両チームの過去の対戦成績は、スパーズから見てリーグ戦ここ5試合では3勝2分と相性のいいパレス。

とはいえ、ここ2戦は1-1の引き分けが続いており、勝ち切れていない印象のある試合だ。

前回対戦は、上記でも述べたがグアイタがビッグセーブを連発。23分にケインが芝生の上を滑らせるようなミドルシュートで先制したものの、81分にFKのこぼれ球をシュラップに押し込まれて同点に。終了間際にはダイアーがフリーキックを蹴ったものの、ビッグセーブに阻まれ試合終了。

パレスはあまり前がかりに行かずに、後ろでブロックを作りながらベンテケやザハのカウンターで仕掛けてきた。この試合はダイアーとレギロンの間を多々狙われたが、今節はいかがなものか。

試合詳細

プレミアリーグ第27節のトッテナム・ホットスパーとクリスタル・パレスの一戦は、スパーズホームで行われる。主審はスチュワート・アトウェル。キックオフ時間は、日本時間の3月8日早朝4時15分からだ。ロンドンダービーとなるこの一戦。どのような試合になるのか見ていきたいところだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました