トッテナム・ホットスパー vs ウエストハム・ユナイテッド マッチプレビュー

サッカー記事

Welcome to the preview show!!

プレビューショーへようこそ。今回は久しぶりのプレミアリーグより、トッテナム・ホットスパーとウエストハム・ユナイテッドの一戦をプレビューしよう。

現在暫定7位のトッテナム・ホットスパーは公式戦7戦無敗で3連勝中(不戦勝のレイトンは入れず)。最後の敗戦はプレミアリーグ開幕戦のエヴァートン戦だ。前節はマンチェスター・ユナイテッド相手に疑惑の判定があったものの、6-1で圧勝。直近5試合だけ見ると、ゴール数は18。攻撃陣は申し分ないものの、今シーズンに入ってからクリーンシートがないのも気になるところ。

対する暫定12位のウエストハム・ユナイテッドは、今シーズン公式戦7試合で4勝3敗。リーグ戦だけ見ると、開幕から2試合はニューカッスルとアーセナルに負けたものの、ここ2試合ウルブズに4-0、レスターに3-0と昨シーズン躍進したチームに対して複数得点かつクリーンシートという結果を残している。モイーズ監督は、新型コロナウイルス陽性反応が出たため、ウルブズ戦以降の公式戦3試合は指揮していない。面白いのが、この勝利を飾ったウルブズ戦以降は、デイヴィッド・モイーズが監督として指揮したわけではなく、アシスタントコーチのアーヴァインが指揮して勝利を飾っている点である。なお、スパーズとの試合ではモイーズ監督はベンチに座って指揮することがメディアを通して発表されている。

この対戦カードの直近の対戦成績は、スパーズから見て4勝1敗。スパーズはこの間9ゴールを決めている。昨シーズンはスパーズはシーズンダブルを達成。また昨シーズン最初のウエストハムホームの試合では、モウリーニョ監督のスパーズデビュー戦であった。そしてモイーズ監督にとってモウリーニョ監督は天敵であり、過去14回の対戦で5分9敗と未だに勝利なし。この試合でもそのジンクスが続くのだろうか。オッズはスパーズが1.57倍、引き分けが4.33倍、ハマーズが5.5倍(bet365)。

両チームの予想フォーメーションは・・・

スパーズは、ダイアーがケガをしたため、この試合では恐らく起用できないとモウリーニョ監督は会見で話した。他にはロチェルソが筋肉系のトラブル、タンガンガも離脱。タンガンガのケガが多くロ脱が多いのは少し懸念材料か。ケガで離脱していたベイルは代表ウィーク中にはトレーニングに復帰。ケインに関してはケガではないとのこと。レギロンの続報はなく不明。ウエストハムは右ウイングバックに位置するフレデリクスが負傷離脱中。モイーズはコロナウイルスから復帰。サバレタは現役引退を表明。それ以外の選手に関しては情報は無。

スパーズはこの試合でベイルが復帰する初戦ではないかといわれている。ただ、どこまでフィットネスが向上しているのか疑問あるため、この試合ではルーカスがスタメンではないかと私は予想。だがベイルの出場は非常に楽しみである。サイドバックは、レギロンとドハティは代表ウィーク中の試合で、大事に至らなかったものの試合中に少し負傷していたため、好調をキープしているデイビスとオーリエが入るのではないだろうか。

ウエストハムは、前節とその前のリーグ戦でウルブズ、レスターに勝利したメンバーに変更はないだろう。メンバーを大幅に入れ替えたカップ戦のエヴァートン戦では1-4で敗戦している。そのため、今シーズンはこのメンバーをほぼ固定して試合に挑むことになるだろう。しかし、この代表ウィーク中にワトフォードからCBのドーソン、ブレンドフォードからLWGのベンラーマを獲得している。ベンラーマは昨日の決定のため、おそらく間に合わないが、ドーソンはスカッドに入るかもしれない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました