ハイブリッド芝(ハイブリッドターフ)ってどんなもの?

芝生

今回はトッテナム・ホットスパーの話ではなく、近年Jリーグでも導入され始めたハイブリッドターフについての話をしていきたい。

ここでは、ハイブリッドターフとはいったい何なのか。どんなメリットデメリットがあるのかといった疑問を解決していこうと思う。

そもそもハイブリッドターフって何?

近年よく耳にする単語になりつつあるハイブリッドターフ。そもそも何者なのだろうか。

ハイブリッドターフとは、天然芝と人工芝を混ぜて作ってあるピッチのことだ。天然芝の割合の方が圧倒的に多いのはもちろんのこと、その割合はJリーグの規定において、およそ5%までの人工芝繊維であれば、サッカーとして公式戦を利用できるというもの。

このように、天然芝の中に一定の人工芝の繊維を地面に入れてある状態こそが、ハイブリッドターフと呼ばれるものである。

欧州では各国各リーグのスタジアムや練習場で採用されており、トッテナム・ホットスパーをはじめ、アーセナルやマンチェスター・ユナイテッド、リヴァプールといった多数の名門クラブも採用している立派な技術である。

Jリーグでは、2018年にヴィッセル神戸のホームスタジアムであるノエビアスタジアム神戸で初めて採用された。これを契機に、ラグビーワールドカップのこともあって日産スタジアム、味の素スタジアムなどの大きなスタジアムでも採用され始めている。

そのハイブリッドターフにも、大きく分けて3種類ある。1つ1つ解説していこう。

打ち込み式(ステッチタイプ)

ステッチタイプと呼ばれるこの手法は、天然芝に一定の間隔で人工芝を打ち込んでいく方法だ。長さ最大18cmの繊維を地面に打ち込み、地上には約2cmほど人工芝繊維が顔を出している。メーカーは、他の工法よりも寿命が長いとうたっており比較的長持ちするようだが、打ち込むのにおよそ1~2週間という長い時間が必要である。

おもな採用チームは、お隣のアーセナルのエミレーツスタジアム、マンチェスター・ユナイテッドのオールドトラフォードなど、プレミアリーグの約80%ものクラブが採用している。

Jリーグであれば、ヴィッセル神戸のホームスタジアムであるノエビアスタジアム神戸がこれを採用している。

株式会社スポーツテクノ和広様より

カーペットタイプ

カーペットタイプは、あらかじめ天然芝を生育する予定のグラウンドの下に人工芝を敷いておき、その上から砂を入れて種を撒きピッチを作っていく工法だ。地上には2cmほど顔を出しており、繊維と天然芝の割合は各国リーグの規定によって定められている割合になっている。

耐久力という面では、ステッチタイプよりも劣るといわれているものの、人工芝を敷くだけで作業を終わらせることができるため一晩で作業が完了するというメリットがある。

採用チームは、トッテナム・ホットスパースタジアム、カンプ・ノウ、アヤックスのホームスタジアムであるヨアン・クライフアレーナなど。

Jリーグでは、日産スタジアムがこれを採用している。

人工芝繊維のカーペットを敷く

人工芝繊維補強式

人工芝繊維補強式は、カーペットタイプと似ており、芝生の下にマイクロファイバーを敷くことによって補強する。カーペットタイプと異なる点は、芝生表面に人工芝繊維が出てこないことである。そのため、他のハイブリッドターフと比べると、表面上は100%天然芝の状態といえる。では一体何を補強しているのか。芝生の根が絡むことによって剥がれないように補強している。材料は繊維状のマイクロファイバーを根に見立てており、そこに炭化したコルクを混ぜることでクッション性を出している。

採用しているチームは、主にフランスが多く、EURO2016の試合会場の半数以上に採用された実績がある。マルセイユやリヨン、サンティティエンヌなどがある。

エアファイバーのパンフレット

ハイブリッドターフのメリット

では、ハイブリッドターフにすることでいったいどのようなメリットがあるのだろうか。

剥がれにくくなる

まず芝生が剥がれにくくなり、ダメージが軽減されることだろう。どのハイブリッドターフにも言えることだが、芝生や芝生の根と人工芝繊維が絡むことによって、踏み付けやターン時などのダメージを軽減することができる。

サッカー単体ではそれほど大きなダメージは少ないが、これがラグビーやアメフトとセットで行うスタジアムになってくると話は変わる。100kg近い選手たちが踏ん張ってぶつかり合うスポーツ。昨年行われたラグビーワールドカップをご覧になった方もいると思うが、簡単に大ダメージを芝生へ与えてしまう。

そうならないように、人工芝繊維を織り交ぜておくことによって強度を保てるのだ。

芝生の耐久力が上がれば、サッカーをプレーするうえで支障になるものはない。さらにサッカーだけでなくラグビーなど異なるスポーツも併用することができて、スタジアム持ち主にとって収益アップも見込めるようになる。

排水性の向上(ステッチタイプとカーペットタイプのみ)

2つ目はステッチタイプとカーペットタイプに言えることだが、人工芝繊維を伝って水が土壌中に入っていくため、排水性が向上することだ。

これによって、近年サッカースタジアムで求められている試合前の散水を大量に行っても表面に水が浮かないといったパス主体のチームにとって大きなプラス材料になっている。ヨーロッパ各国リーグにおいて、試合前にたくさん水を撒いても芝生がしっかりしているのは、こういった技術によるものが大きい。特にバルセロナは、過去にグアルディオラが監督をしていた際には、試合前何時間も前から水を撒いてボールの転がりがよくなるよう極限まで追求していた。それくらい排水性は向上する。

クッション性の向上と保水性(人工芝繊維補強式のみ)

最後は人工芝繊維補強式のみに言えることだが、地面の下に人工芝繊維とコルク材を入れることによってクッション性を保つことができるのだ。クッション性を保つとはどういうことかというと、着地した際に身体へかかる負担が少なるなるということだ。エアファイバーのパンフレットに掲載されているが、ケガのリスクが減ったという研究結果がある。これらからも、芝生の管理が楽になるだけでなく、選手にとってもプラスに働くのだ。

エアファイバーのカタログ

そしてコルク材が含まれていることによって、保水性が向上するため、散水の頻度や肥料の流亡(水と一緒に流れてしまうこと)を防ぐことができるため、管理費用の削減が可能になる。通常天然芝を管理していくうえで、特にスタジアムレベルの管理になると、たくさんの費用が掛かってしまうので、少しでも削減でき、芝生の管理も楽になるのであれば、ハイブリッドターフは申し分ないだろう。

ハイブリッドターフのデメリット

ハイブリッドターフのメリットを皆さんに知っていただけたが、一方でデメリットもある。それも解説していきたい。

コストがかかる

ハイブリッドターフを導入するうえで最も検討するべきなのは、コストがかかるということだ。もちろんグラウンドの大きさによって人工芝繊維を導入する量も異なるので値段はいえない。しかしながら、いくら芝生のクオリティが上がって、収益性が向上したところでハイブリッドターフにしたことによる支出が黒字にならなければ何の意味もない。

また、人工芝繊維であるがゆえに、寿命があるもの事実。張り替えるたびなどに人工芝繊維も新たに張りなおす必要があるのだ。すると今度は導入コストだけでなく、撤去するコストと産業廃棄物として処理するためのコストもかかってくる。これらをペイできるのかどうかがを十分に検討して赤字にならないかどうか判断する必要が合る。

芝生の長さを調節しにくい(ステッチタイプとカーペットタイプのみ)

ステッチタイプとカーペットタイプは、芝生の表面に人工芝繊維が出ていることでよりダメージを軽減できる。しかし人工芝繊維はあくまでも人工物であり、一度切り取ってしまうと回復することはない。そのため、通常であれば2cmの長さを表面に出しているのだが、言い換えればそれ以下の芝生の長さにすることはナンセンスであるということだ。

もし最初から天然芝の長さを低くすることが決まっているなら、人工芝繊維が表面に出る長さを短くしておけばよい。だが途中で芝生の長さを変えたとしても、人工芝繊維はそのままの長さである。シーズン中に芝生の長さを変更しにくいのだ。

芝生の長さを変更するタイミングがいつなのか気になった方もいるだろう。日本では芝生の長さに規定はなく、そのため対戦相手によって長さを変えるチームも出てくる。以前の記事でも書かせていただいたが、芝生の長さがサッカーの戦術にも関わってくるファクターの1つであるため、こういった長さの調節ができないのは1つのマイナス点といえるだろう。

コラム:なぜ芝刈りを行うのか。芝生が及ぼすサッカーへの影響
芝生とサッカーの戦術について書かせていただきました。ただ緑なだけでなく、実はサカk-の戦術にもかかわってくる大事なファクターであることを皆さんに知っていただきたいです。

そしてもう1つは、ヨーロッパでは通年寒地型の芝生だけで管理しているが、日本国内の多くのグラウンドでは、オーバーシーディング技術といって、暖地型の芝生の上に寒地型の種を撒く手法を取っている。この技術では、基本的に春先に寒地型から暖地型へ切り替える際に、芝生の長さを極端に短くして、寒地型芝の下の方で休眠している暖地型芝に光を与えて暖地型芝の休眠を打破し生長するようにする。この時にどうしても芝生の長さを短くしなければならないのだ。

このことからも、ステッチタイプとカーペットタイプは日本では合わないのではないかという見方も出てきている。

排水性が良すぎるため、散水と施肥頻度が多くなる(ステッチタイプとカーペットタイプのみ)

排水性が良くなることはメリットに挙げたが、裏を返せばそれだけ水が必要になるということだ。また、基本的に肥料は水に溶けることで芝生に吸収される。そのため、排水性が良いということは、肥料の養分がなくなるのも早いということだ。

ということは散水量が増え、肥料の量も増えるので、必然的に管理費用が高くなる。この費用が果たしてプラスになるのかマイナスになるのかを検討する必要がある。

ノエビアスタジアムが滑るわけ

先ほどノエビアスタジアムで選手がピッチに足を滑らせるシーンが多い理由について質問がございましたので、その理由について自分なりの考察を書かせていただこう。

ノエビアスタジアムもハイブリッド芝を採用しているのは、上記でも書いてきたため周知の事実だ。私自身がハイブリッド芝でプレーした経験があるわけではないので、一概には滑る理由を説明することは難しい。だがおそらく、ノエビアスタジアムで滑る要因はハイブリッド芝の影響だと思うが、人工芝繊維の問題ではなく、管理手法がそうさせてしまっているのだと思う。

一方で、日産スタジアムにおいてはハイブリッド芝を採用しているものの、あまり滑っている話を聞かない。この違いは一体何か。ノエビアスタジアムがステッチタイプで、日産スタジアムがカーペットタイプを採用していることも上記では書いてきたが、実はこれ以外にも異なる点がある。

ノエビアスタジアムでは寒地型芝をベースにハイブリッド芝を採用しており、日産スタジアムでは暖地型芝をベースにハイブリッド芝を採用している。もしかしたらこの差があるのかもしれない。

寒地型芝ベースでステッチタイプだと、基本的に芝生の長さは長めに設定することになるだろう。すると、ヨーロッパのスタジアムに近いピッチコンディションになる。

以前のブログでご紹介させていただいたが、ヨーロッパの選手たちの多くは取り替え式の金属スタッドのスパイクを履いてプレーすることが多い。一方日本国内では、取り替え式スタッドよりも固定式のスパイクを着用する選手が多い。

どの選手が滑っているのかしっかり見たことはないが、もしかすると滑っている選手は固定式かつスタッドの短いスパイクを着用している選手が多いかもしれない。ホームチームはこの地の利を生かして戦うことができると考えると、より面白くサッカー観戦ができるかもしれない。機会があれば今度、選手に聞いてみようと思う。

さらに、排水性が良いためより多くの水を撒くことが、滑る要因の1つかもしれない。これも以前紹介したが、水を撒くとボールのすべりも良いだけでなく、ピッチ自体もスリッピーになる。その影響もあるといえよう。

そしてハイブリッドターフは、芝生の管理手法も変わってくる。通常であれば、芝生管理において欠かせないエアレーションという作業。この作業の狙いは、地面に穴をあけて空気を取り入れ土壌中の有機物などを分解する微生物に酸素を送り込むことなどがある。しかし、ハイブリッドの繊維を傷つけないために行うことができない。できてもかなり間隔が狭く深くできない。そのため、地面の表層に有機物が溜まってしまい、コケなどが生えて滑りやすくなる可能性がある。芝生の作業内容に関しては、またどこかでブログを書けたらと思います。

したがって、ハイブリッドターフの繊維の問題よりも、普段のピッチ環境と異なることがピッチで滑ってしまう要因ではないかと私はにらんでいる。これに関しては確証を持てないので、賛否両論あると思うが、ぜひ皆さんで議論していこう。

まとめ

ハイブリッドターフは芝生の耐久力が上がるだけでなく、ボールの転がりがよくなることなどプレー面でも良い面を与える。また人工芝繊維補強式だと、芝生のクッション性が上がるなど、選手を守る面もある。

その一方で、コストがかかるためじっくり検討する必要がある、日本のオーバーシーディング方式では合わない可能性があるなど、現在の管理手法と照らし合わせて導入する必要がある。

また、コンサートなどのイベントにおける重いものを載せた場合のダメージ軽減はできないとの見方もある。日陰などのもともと生育の悪い部分の成長が良くなるわけではないなど、スポーツ以外での利用ダメージの軽減ができるわけではない。

ハイブリッドターフの導入が必ずしも良いということではない。したがって応援しているチームの導入理由を調べてみると、面白いかもしれない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました