スポンサーリンク

新聞掲載に関して

この記事はプロモーションを含みます
サッカー記事
この記事は約3分で読めます。
PR:本気で英語に取り組むなら

今回、岐阜新聞様とのご縁がありまして、新聞に私のインタビューが掲載しました!

ただ私としては、私自身の活躍ではなく、このグラウンズパーソン(グラウンドキーパー)という仕事の知名度が上がることが大事だと思い今回インタビューを受けました。

グラウンドキーパー(グラウンズパーソン)とは?
今回はグラウンドキーパー(グラウンズパーソン)がどういった仕事なのか、簡単な概要を記事にしてみました! 将来興味のある方は、ぜひ一度見てみてください!

こちらのブログ記事でも以前から書かせていただいていますが、職業として一定の知名度があるイングランドですらグラウンズパーソンの担い手は減少している中(この件は後日また書きます)で、日本もその問題は大きくなると思っています。

また日本国内でもサッカークラブなどが増えていき、練習場、スタジアムが今後増えていくと私は思っており、その芝生を管理できる人が日本国内においても今後増えていく必要があると思っています。

実際に私の周りの友人でも、私がこの仕事をしているからこそ、グラウンズパーソンという仕事を認知しているが、私がいなかったら誰かが芝生を管理しているとは思っていたけど、職業として成立しているのかというの認知も怪しかったと聞いています。

今の現状、私がこのインタビューを受けたことによって、そして以前から日々SNS上やこのブログで発信していく中で、この職業を目指すにはどうしたらよいのかといった声も受け取っています。

グラウンドキーパー(グラウンズパーソン)になるためには?
グラウンドキーパー(グラウンズパーソン)にどのようにしたらなれるのかについてお話して行ければと思います。転職方法や別の業界にいて全くかかわりのなかった自分がなれるのかといったことを考える方もいらっしゃると思いますが、問題ないと思います。

私が発信し続けることによって、少しでも日本国内においてこのグラウンズパーソンを目指してくれる方が増えることを願っています。

大事なこととしては、より多くの方が認知することによって、皆さんが応援しているどのクラブチームのスタジアムや練習場にも、私のようなグラウンズパーソン、グラウンドキーパーがいるということを忘れないでほしいです。

私自身も当然ながらクラブのより良い成績のために、自分の持つ100%以上のものをクラブに貢献できるようこれからも務めさせていただきます。それが、私を雇ってくれているクラブとボスたちへの恩返しになると思いますので。

今後ともよろしくお願いいたします。

お知らせ📢

次に日本に帰国した際に東京のラジオ局J-WAVE様から取材の依頼を受けましたので、よろしくお願いいたします!詳細はインタビューを受けてからお伝えさせていただきます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました